GROUP PURPOSEグループパーパス

ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る。

To make happiness a "Mirai real"
with the power of technology

私たちは、未来のリアルなビジネスと生活のカタチを想像し、
その実現に欠かせない、今までになかった新価値を創造します。

私たちだけの発想と、デジタル・スキルのかけ算による共創で、
すべてのお客様、社会の人々の未来のリアルな日常を、
より幸せに、もっと輝くものに変えていきます。

私たちは未来のビジネスと生活を豊かに変える新価値を、
常に具体的なカタチにして、世界に届け続けます。

GROUP VALUEグループバリュー

2014年のスタートから今日まで、私たちはいろんな才能を持った新しいメンバーと合流しながら、順調にビジネスを発展させることができました。しかし全グループ従業員が500人を超えたいま、日本を代表する企業へと発展していくためにはここでもう一度、全員の気持ちを一つにする必要があると感じました。

新しい出発にあたって、私たちの存在意義を「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る。」という言葉で表現しました。そして次に、いまメンバー全員で共有して、気持ちを一つにできる言葉って何だろう、それを考えるため、Supershipという社名にもう一度もどってみたのです。

「Super」の語源は、「越えて。向こう側に(行く)。」という意味です。また「-ship」の語源は、元は「カタチ・状態」、それが変化した「あり方、姿勢、精神」という意味です。私たちの新しい目標にも込めたように、「今日を越えて、新しい未来のカタチを見つけていく」、そのためには一人一人にどんな「精神」と「行動」が求められるでしょうか?それを言葉にしてみたのが、以下の4つのVALUEです。

分かりやすく言えば、Supershipらしさを表現した、メンバー全員の行動規範です。
そして、社内に愛着とともに定着している「Be Super!」という言葉の答えにもなっています。

Super 未来志向

Super 未来志向

まず、自分がワクワクできる未来を想像しよう。

未来の幸せなビジネスや生活は、理屈で考え出せるものじゃない。だからまず、自分がワクワクできるのはどんな未来かを想像してみよう。そしてワクワクできたら、こんどはそれを商品やサービスにして、社会に、暮らしに実装していくことをゴールにしよう。

Super Challenge

Super Challenge

リスクがあるから、挑戦する価値があるんだ。

リスクがまったくないところになんか、新しい可能性も、挑戦する価値も何もない。だから仕事でリスクに出会ったら、まずしっかりと見極め、十分にケアしよう。それができたら、あとは信じる可能性にできるだけ大胆に挑戦すればいい。

Super ジブンゴト化

Super ジブンゴト化

自由と、自主と、愚直な工夫、それがプロの責任だ。

常識にも過去にもとらわれず自由であること。誰からの指示も待たず自分で考え行動すること。毎日コツコツと小さな工夫を積み重ね、大きな価値を生み出すこと。それがプロの責任だ。なぜなら私たちの仕事は、プロフェッショナル同士でしかできないから。

Super Honesty

Super Honesty

新しい可能性に出会うため、「違う仲間」とつながろう。

私たちの仕事は一人じゃできない。でも、自分と同じことができる仲間と、チームを組んでも意味がない。違う才能同士が出会い、誠実に向き合いながら、混じり合い刺激し合う。そこに新しい可能性が生まれる。「違う仲間」とつながる「共創」を、強みにしていこう。

MANAGEMENT COMMITMENTマネジメントコミットメント

  • 1.従業員の幸せの追求
    私たちは、従業員こそが最大の財産であると考えています。そのため、従業員の幸せを追求していきます。従業員が公私ともに幸せを感じることで、お客様に対して、パートナーに対して、株主に対して、そして社会に対して持続的に価値を創出できると考えます。
  • 2.売上は価値の総和、利益は工夫の総和
    私たちは、「売上は価値の総和、利益は工夫の総和」であると考えます。お客様、また社会に対して価値をしっかりと提供し、その対価をお客様から「ありがとう」と言ってもらって受け取る。そのため、私たちは、「ありがとう」の総和が売上になると考えます。そして、頂いた対価を自らの創意工夫によって無駄を省き、利益をあげていきます。
  • 3.正しいことを正しくやる
    私たちは、法令、社会的な規範やルールを遵守し、倫理観を強く持ってコンプライアンスを徹底します。それだけではなく、正々堂々とした姿勢でビジネスを行い、社会に対して価値を創出していきます。
  • 4.新たな市場を創る
    私たちは、既存市場における価値提供に加え、これまでにない市場を創ります。そして、新たな価値を創出し、より良い社会の発展に貢献していきます。